家庭教師の給与の最低保証

家庭教師の給与の最低保証 家庭教師の給与は、時給×指導時間で決定するのが基本です。
時給は1,500円~2,000円程度であることが多いため、短時間で効率よく稼げると大学生に人気のアルバイトとして知られています。
なぜ時給が高めに設定されているかと言いますと、生徒を指導するために必要な勉強時間も加味する必要があるからです。
実は家庭教師の給与に最低保証はなく、都道府県ごとに異なる最低賃金のルールさえ守れば法律上は問題ありません。
また、個人で家庭教師業を行っている講師の場合は労働者という扱いではなくなるので、最低賃金の適用すらなくなります。
ただし現実のところ、1時間当たり1,500円の相場を下回るような価格で指導を行っている講師はまずいません。
なお、利用者が家庭教師を派遣する教育サービスを利用する場合ですと、指導料や教材費などの実費に加えて、紹介料やその他諸々の費用が発生します。つまり、講師の時給以上の月謝が発生することになります。
費用を極力抑えたいのであれば、個人で講師を行っている方や知り合いに紹介してもらった講師を活用するのがベストです。

家庭教師は社員が行っている会社に依頼する方がいいのか

家庭教師は社員が行っている会社に依頼する方がいいのか 家庭教師は一般的には現役の学生がアルバイトで行っているケースが多いのですが、会社が運営しているところでは社員を家庭教師として依頼主に派遣している場合があります。内容的には大きな違いが無いように見えますが、どちらに頼む方がいいのでしょうか?
基本的にアルバイトであっても家庭教師の質が低いということはありませんが、本来は学生なので人に勉強を教えるという機会は決して多くはありません。そのため技術的な差ができやすいというデメリットがあり、自分の持っている知識を的確に伝授できるかは懐疑的な部分があります。
これが社員の場合では、経験という点では豊富に持っている人が多くいます。また実際に依頼主に派遣される前に研修を受け、会社から問題が無いと認められなければ実際に出向くことがないため、一定の技術を持っているのは間違いありません。
人に勉強を教えて理解してもらうのは簡単ではなく、あらゆる物事を想定して退所してもらえる人を家庭教師にする方が、実際に指導を受ける子供のためになると言えます。

新着情報

◎2023/9/20

情報を更新しました。
>家庭教師はネットの掲示板でも探すことができる
>医学部受験をするうえで家庭教師は頼もしい味方
>家庭教師なら習熟度に合った適切な指導が可能
>家庭教師を頼むなら志望校のOBを選択するのが得策
>家庭教師を探すならSNSもチェックしよう

◎2022/11/11

情報を更新しました。
>大手で家庭教師のサービスを利用すると便利です
>トラブルを避けたいならベテラン家庭教師がお勧め
>スキルの高い家庭教師なら成績アップにもつながる
>年齢にも注目する家庭教師選びと体験コース
>家庭教師の男女比は利用するサービスで異なります。

◎2020/7/14

スケジュール管理ができる
の情報を更新しました。

◎2020/5/14

英会話メインの家庭教師の需要は高い
の情報を更新しました。

◎2020/3/16

英語教育の重要性と家庭教師の役割
の情報を更新しました。

◎2020/1/24

家庭教師の福利厚生
の情報を更新しました。

◎2019/11/13

家庭教師の給与の最低保証
の情報を更新しました。

◎2019/8/30

サイト公開しました

「教師 給与」
に関連するツイート
Twitter

返信先:良い先生は当然給与増で問題無い。 が、日の丸・君が代批判やK国語の押し付け等学校として必要の無い教師は排除して頂きたい。

返信先:間違いなく高齢者よりは子供向けに何かした方がいいけど、今は民主主義的にやってて高齢者の圧勝だからね笑 教師、保育士とかの給与あげないと増えないだろうなぁ

まずは消費税廃止。大企業の賃金2倍にして税収を増やす。内部留保の20%を地域の自治体に寄付。自治体は財務調整基金、特定目的基金の30%を地域の公営住宅、商業施設に投下。看護師、介護士、教師、雇用を2倍、給与2倍、輸入で物価高分は政府が5割負担、物価を下げる。賃金平均を2倍にする。

保育園時代は給与がほぼすべて保育料に消え、小学校に入ったら学童は鮨詰め状態、おまけにクラスは学級崩壊してどんどん教師が辞めていく。なのに学習指導要領は内容が激増して、塾に行かせるのが普通という状況。

返信先:他1仮に大阪市から「質の高い教師」が逃げ出しがちだとして、もし全国の自治体がこんな給与体系になったら、現職教員はどこに逃げ出したら良いのでしょう…