家庭教師の時給相場

家庭教師の時給相場 家庭教師の時給で一番多いのは、1200円〜3600円の間です。
この金額は、どこの大学に在籍しているか、どこの大学の出身者かという学歴や、小学生または中学生、高校生といった生徒の年齢によって変わります。
家庭教師は生徒を志望校に合格させたり、成績を上げるために雇われるため、それ相応の能力を要します。
家庭教師の経験が金額を大きく左右し、何年も家庭教師をしている場合は相当良い待遇となります。
勤務契約は派遣会社を通じて行うことが一般的ですが、個人契約を結ぶ人もいます。
その場合は自分で時給の交渉をする形となり、低めに設定してしまうことがよくあります。
指導に見合う報酬を頂くためには派遣会社を利用し、間に入ってもらうのも一つの方法です。
基本的に、高校生を担当するのが一番高く、小学生が安くなります。
それはある意味当然であり、教える内容が難しくなり、分かりやすく指導するためには予習も必要になるためです。
相場は高校生なら2000円前後、中学生なら1800円前後、小学生なら1000円前後です。
小学生は勉強の楽しさを教えて欲しいという親が多いのですが、難関中学の受験を目指す場合は報酬も高くなり、1400円前後が相場となります。

家庭教師のアルバイトを探す際の履歴書の書き方

家庭教師のアルバイトを探す際の履歴書の書き方 家庭教師は時給換算すると非常に割の良いアルバイトの1つですが、その分大手の会社などでは採用基準が高くなっています。
単に通っている大学のレベルや成績だけでなく、会社の評判をアップするような人材を求めている場合が多いので、その面接は非常に重要なポイントになり、履歴書の書き方も重要になってきます。
家庭教師のアルバイトを探す際の履歴書の書き方のポイントとして注意しておきたいのは、その志望動機です。
会社によっては、志望動機を見てその人がどんな人かを判断したり、長くその仕事を続けられるのかと言う部分を考慮したりします。
特別な資格が必要ない分、同じ学歴であればより熱意のある人を採用したいと思うのは当然のことですし、人に教えるのが好きだと言う人は向いていると思ってもらいやすいのでそうした面を前面に押し出すと良いでしょう。
また、効率的にお金を稼ぎたいと言う率直な意見でも、長く真面目に続けていく上で重要なポイントになるため、素直にそうのように書くのも好印象です。

新着情報

◎2023/9/20

情報を更新しました。
>家庭教師はネットの掲示板でも探すことができる
>医学部受験をするうえで家庭教師は頼もしい味方
>家庭教師なら習熟度に合った適切な指導が可能
>家庭教師を頼むなら志望校のOBを選択するのが得策
>家庭教師を探すならSNSもチェックしよう

◎2022/11/11

情報を更新しました。
>大手で家庭教師のサービスを利用すると便利です
>トラブルを避けたいならベテラン家庭教師がお勧め
>スキルの高い家庭教師なら成績アップにもつながる
>年齢にも注目する家庭教師選びと体験コース
>家庭教師の男女比は利用するサービスで異なります。

◎2020/7/14

スケジュール管理ができる
の情報を更新しました。

◎2020/5/14

英会話メインの家庭教師の需要は高い
の情報を更新しました。

◎2020/3/16

英語教育の重要性と家庭教師の役割
の情報を更新しました。

◎2020/1/24

家庭教師の福利厚生
の情報を更新しました。

◎2019/11/13

家庭教師の給与の最低保証
の情報を更新しました。

◎2019/8/30

サイト公開しました

「家庭教師 時給」
に関連するツイート
Twitter

ジャンド家庭教師 時給900円-、またはそれ相当の報酬(応相談)

友人の姉が昔家庭教師Tでカテキョやってたところ実績積みすぎて『Tを通さないでうちで是非!』と言われてTがくれる時給の10倍でカテキョ引き受けてたって聞いたとき、どんだけ抜いてるのよ○ライって思ってたけど、その話を思い出してね。じい様が気に入ってたヘルパーさんをじい様の会社の→

返信先:おれの家庭教師 時給:ランダム

家庭教師をしていると単価がはっきりしていて面白い。同じ学年でも教える相手や場所が変わるだけで倍ぐらい違う。 それと今は海外の人も日本が安いから移り住んでいる。海外の方が物価が高いからなのか日本では高いと思う家庭教師でもどんどん金を使う。 時給5千円にでも外国人には手頃価格か。

小学生の家庭教師時給高いからやりたいけど算数とか理科とか教えられそうもなくて諦め