家庭教師の交通費は誰が負担する?

家庭教師の交通費は誰が負担する? 家庭教師を利用する際に意外な節穴となるのが、交通費の負担についてです。
この点、一般的に費用を負担するのは利用者側とされています。
家庭教師を派遣する会社を利用する場合、基本的に指導にかかる月謝は銀行口座から自動的に引き落とされます。
しかし、交通費に関しては指導を行う講師に直接支払うことになります。
しただって、家庭教師を利用する場合には1回当たりに移動にかかる費用を予め計算しておくべきです。
移動が電車やバスの場合、1回当たりの移動費用を計算するのは極めて簡単です。
ところが、車や原付での移動となると講師の自宅から利用者の自宅までの距離を把握し、ガソリン代を計算することになります。
一般的には車の場合は1kmごとの20円が、原付では10円が相場とされています。
さらに、駐車スペースがない場合はその費用も加えなければなりません。
担当する講師としっかり打ち合わせを行い、調整する必要があります。
なお、講師が徒歩や自転車で移動する場合については、費用を負担する必要はありません。

高給アルバイトの代名詞はやはり家庭教師ですが・・

高給アルバイトの代名詞はやはり家庭教師ですが・・ 高給アルバイトの代名詞はやはり家庭教師です。
どんなに安くても時給2000円からでの募集となっています。
高い場合は、4000円ぐらいでの募集も見られます。
ただ額面通りに受け取ることは出来ません。
交通費に関してはきちんと支給されますが、移動時間に関しては時給が支払われないからです。
ですから拘束時間を考慮し、2~3時間教えて帰る事が多い家庭教師の拘束実質時給は、かなり下がってしまいます。
勿論、他のアルバイトだって通勤時間に給与は発生しませんが、もっと長時間働くのが普通です。
通常移動時間は、30分以内のケースが多いことを考えれば、往復でプラス1時間以内に収まります。
予習をして行くのが普通ですから、その時間も考える必要があります。
そう考えると一般的な家庭教師の場合、額面時給2000~3000円は、1000~2000円ぐらいになると考えられます。
それでも割のよい高給アルバイトと言えますが、土日や夏休み冬休みに長時間教えたいと思うのが本音でしょう。

新着情報

◎2023/9/20

情報を更新しました。
>家庭教師はネットの掲示板でも探すことができる
>医学部受験をするうえで家庭教師は頼もしい味方
>家庭教師なら習熟度に合った適切な指導が可能
>家庭教師を頼むなら志望校のOBを選択するのが得策
>家庭教師を探すならSNSもチェックしよう

◎2022/11/11

情報を更新しました。
>大手で家庭教師のサービスを利用すると便利です
>トラブルを避けたいならベテラン家庭教師がお勧め
>スキルの高い家庭教師なら成績アップにもつながる
>年齢にも注目する家庭教師選びと体験コース
>家庭教師の男女比は利用するサービスで異なります。

◎2020/7/14

スケジュール管理ができる
の情報を更新しました。

◎2020/5/14

英会話メインの家庭教師の需要は高い
の情報を更新しました。

◎2020/3/16

英語教育の重要性と家庭教師の役割
の情報を更新しました。

◎2020/1/24

家庭教師の福利厚生
の情報を更新しました。

◎2019/11/13

家庭教師の給与の最低保証
の情報を更新しました。

◎2019/8/30

サイト公開しました

「家庭教師 交通費」
に関連するツイート
Twitter

返信先:でもまた次を探すことになるからとりま1030円でいきましょう 僕大学1、2年生の時に家庭教師最低1時間2万もらってました 交通費別で 一件につき2〜3時間くらい お菓子やケーキでおもてなしまで 夜は夜食まで なんかごめんなさい

なんか急に家庭教師したくなってきた 1時間2500円+交通費で数学教えます

[おすすめ求人💡] 【時給】 1,340円~2,000円 🗺 つくばエクスプレス 三郷中央駅 💴 交通費支給 ≪家庭教師のトライグループの個別指導塾!≫ ▼詳しくはこちら